最終更新日:2015年5月6日 20時38分閲覧回数:2830

Ubuntuで複数画像のリネームと回転を行う

Ubuntu で大量の写真を整理する際に、リネームや必要に応じて回転する作業を行なおうとしたが、痒い所に手が届くアプリケーションが見つからなかったため、何かヨサゲな方法はなかろうかと調べてみたところ、「Thunar」というファイルマネージャでリネームし、Nautilusの拡張機能で回転する、という方法が見つかったので試してみた。

リネームする

「Thunar」とは?

「Thunar」とはファイルを管理するアプリケーションのことであり、ダブルクリックでファイルを開いたり、フォルダへ保存する、といった一連の作業をデスクトップ上で行うもので、ファイルマネージャ、ファイルブラウザ、ファイラー、ファイル管理ソフトなどとも呼ばれている。Macでは「Finder」、Ubuntuでは「Nautilus」、Windowsでは「Windows Explorer」が標準実装されている。

「Thunar」をインストールする

早速、「Thunar」をインストールする。
Ubuntuソフトウェアセンターを開き、「thunar」という名称で検索をかける。

パスワードを入力し、インストールを行う


リネームする

インストールすると、「アプリケーション/アクセサリ/Thunar ファイルマネージャ」というメニューが加わっているので開く。

ウィンドウが開いたら、リネームしたい画像のフォルダを開く。
「Thunar」では上書きリネームになるので、不安な人は画像のバックアップを取っておこう。

複数画像をリネームする場合は、画像を選択した後、右クリックで「名前の変更...」を選ぶ。

複数のファイル名を変更します」という名前のウィンドウが出る。

このウィンドウでは、文字の除去、検索置換、挿入や上書きなど、さまざまな方法でファイル名の変更ができる。今回は、「cat-番号」という形式でファイル名を変更することにした。

必要に応じて適宜設定した後、「ファイル名を変更する」ボタンを押す。

ファイル名が変更された。

回転させる

いろいろ試してみたが、Nautilus拡張機能である、Nautilus Image Converterを使うと楽だと判明した。 今回のサンプル画像はPublic-domain-photos.comより借用した。

nautilus image converter をインストール

Ubuntuソフトウェアセンターを開き、「nautilus image converter」という名称で検索をかけてインストールする。

回転させる

インストール後、回転させたい画像を選択して右クリックすると、「画像の回転...」というメニューが追加されているので選択。

適宜設定した後、「回転する」ボタンを押すと完了。

画像名の後ろへ「.rotaled」を付けると元画像が残る。付けないと上書きされるので注意。

以下が回転後の画像。それにしても、Ubuntuへ移行して約1年が過ぎ、Macとの違いにも慣れてはきたものの、かつてのMacのように使い勝手の良いフリーウェアは少ない上、どれも帯に短し襷に長しのような気がする。Linuxの裾野の広さによるものだろうか。

参考リンク

コメント

当フォームより収集される個人情報は、返信を要する際に使用されるものであり、法令に基づく行政機関等への提供を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。また、コメントが掲載される場合であってもメールアドレスが本サイト内に記載されることはありません。