最終更新日:2019年1月4日 15時36分閲覧回数:100

有害無益なコンテンツを除去する方法

Opera でセキュア処理できないページをプレビューするスクリプト に xpath を追加し、特定のクラス名などを指定すると、その要素自体を除去することができる。これで、読む価値のない低俗なタイトルの一覧を執拗に表示するサイトがスッキリして色々と捗る。
foreach($xpath->query('//html//*[starts-with(@class, "mdCmmn")]') as $offensive_contents) { $offensive_contents->parentNode->removeChild($offensive_contents); }
ビフォー
アフター
また、queryor などで区切れるため、以下のように複数書くことも出来る。 $offensive_contents_list = '//html//* [ @class="hatena-module hatena-module-html" or starts-with(@class, "mdCmmn") ]';

類似する記事

押すとイヤイヤするボタン - 41%
【PHP】 配列の値を通年で表示する方法 - 39%
無難そうな背景色と文字色をランダムに組み合わせた色見本 - 38%

シェア